【冷え症】冷え性info【低体温】

冷え性豆知識

低体温

自分の平熱をご存知ですか?
「長い間、計っていないからわからない…」という方もいらっしゃると思います。
日本人の平熱は36~37℃と言われています。
36度未満のことを「低体温」といいます。
現在、平熱が36℃未満という「低体温」の人がとても増えています。
低体温は、放っておくと様々な病気を招いてしまうので、体にとって非常に危険な状態です。
「肌荒れ」「便秘」「歯周病」といった比較的軽い症状から
「糖尿病」「ガン(悪性腫瘍)」「認知性」といった深刻な病気
さらには一度発症すると完治の難しい「花粉症」といったようなアレルギー疾患も
発症、悪化する可能性があります。

私たちがいつも「体温」をわきの下、耳などで測っていると思います。。
内臓の温度が体の表面に伝わった体温を測っているため、わずかに結果は低くなってしまいます。
まだ低体温と言われている数値だったから安心というわけではありません。
体温がわずか1度下がるだけで、病気などに対する免疫力が30%も低くなります。
免疫力が下がると菌やウイルスから体を守れなくなります。
少しでも体温を上げる対策をとるべきだと考えます。

低体温の原因

低体温になる原因は、現代社会のストレスが大きい考えられます。
身体的ストレス、精神的ストレス、環境ストレスなどがあります。
そのストレスに対処し、健康を保つため「交感神経」「副交感神経」という
2つの自律神経が交互に体を支配することでバランスをとっています。
この自律神経は、私たちの体をさまざまな病気から守ってくれている
免疫システムも、この自律神経のバランスのもとで機能しています。
大きなストレスが長期間続くと、自律神経のバランスが崩れ、 血流の流れが悪くなり
血流障害から「低体温」になってしまいます。

その他には、食生活や生活習慣からくる複合的なものと考えられています。
冷暖房完備の生活、シャワーだけの入浴、体を締め付ける衣類
運動不足による筋力低下、不規則な食生活、夜更かしなどです。

冷え性と低体温

低体温って、冷え性のことでしょ?
と思われている方もいらっしゃるかもしれません。
勘違いしやすいのですが、この二つに全く違うものです。
「冷え症」は男性よりも女性に多く、体温とは全く関係なく実際に手足の冷えや
下腹部の冷えなど自覚症状があります。
実際、体温を測ってみると、36℃未満じゃない場合が多いです。
一方「低体温」は、自覚していない人が多いのが特徴です。

低体温の症状

体温と健康状態の関係について簡単に触れておきたいと思います。
体温計では36.5℃が一般的な平熱と設定されています。
健康な人の基礎体温ですから、新陳代謝も活発で、免疫力も高く
体がウイルスや菌から常に守ってくれる状態です。
それが36℃になると、人は自然と熱を作り出そうとします。
さらに低くなり35.5℃になると、排泄機能が低下して、自律神経失調症が出現し、
免疫系にも異常が生じてアレルギー症状がでます。
35℃にまで下がるとガン細胞の増殖スピードが速くなってしまいます。
34℃では、海難救助で救出後、生命の回復できるかどうかのラインになります。
33℃では、冬山で遭難し、凍死する前に幻覚がでてくる体温
30℃意識消失
29℃瞳孔拡大
となっていきます。
体を冷やすということは、大変危険なことなのです。

低体温対策

低体温の主な原因として挙げられるのは、新陳代謝の低下です。
代謝を上げるためには適度な運動をし質の良い筋肉を作ることが必要となります。
筋肉は熱は熱を生み出すので、体温を上げるには一番良い方法かもしれません。
毎日、運動をしなければいけないわけではなく、適度な運動を心がけてください。
無理をして運動しようとすると、それ自体がストレスになります。
日常生活の中で、自然に運動を取り入れるといった方法は非常によい方法です。
エレベーターは使わず、階段を利用するようにしたり、
通勤・通学時に駅まで歩くなどといった方法を自分なりに見つけるといいと思います。

あとは、食べると体が温かくなる「陽」の食材を使った食事をバランスよく摂ることを心がける。
冷え性と同じように腹巻きなどで、体を常に冷やさないように意識すると効果があります。
低体温と逆に、体温を上げると体の中で劇的な変化をもたらします。
「高体温は、健康の源となる」これだけでも覚えておくとよいかもしれません。

バランスの良い食事や規則正しい生活、そして適度な運動を取り入れ、
一刻も早く体温を上げましょう!!
体温をたった1度上がるだけで、免疫力は5~6倍も高くなる!
店長あいさつ
自画像
数あるショップの中から
ちょっとHOTする
腹巻専門店 腹巻.net

ご来店頂きまして
誠に有難うございます。
少しでも快適に
お買い物ができるように
していきたいと
思っております。
皆様どうぞよろしく
お願申し上げます。

1周年
あいさつ文

お問い合わせ
Inquiry
●当店では「お買い求め頂いた商品を安心・安全にお届けする」ことを最も大切に考えております。
●高品質の商品を低価格でご提供することをモットーに運営させて頂いています。。
●お問い合わせフォーム、メールなどでお気軽にお問い合わせ下さい。
受付時間:
10:00~17:00(土日祝は除く)

E-mail:
support@moshimo.com
お問い合わせフォーム

カートに入れる

支払い方法
領収書について

お支払い方法により異なります。

詳しくは「支払い方法について」

配送
配送料について
配送料は一回のご注文につき、一律540円となっております。
ご注文合計金額が税込8,000円以上の場合および送料無料商品を含む場合は、送料無料でお届けいたします。
ただし、沖縄、離島など一部の地域は別途送料が必要となる場合があります。
その際は、ご注文確認画面に注意書きが表示されます。
※一部直送商品はご注文後にメールで連絡させていただく場合がございます。
>> 詳しくは「配送について」