【冷え症】冷え性info【入浴・足湯】

冷え性の対策・改善方法

お風呂・足湯
冷え性を改善・対策するためには、考えられる原因を一つ一つケアしていくことが重要です。
まずは入浴や足湯を中心に冷え性の改善方法を見ていきましょう。
入浴
お風呂は冷え性の対策に非常に有効です。
冷え性の方は、面倒がらずにしっかりと湯船に浸かりしっかりと身体を温めてください。
全身を温めるということは、収縮した血管を広げて血液のめぐりを良くしてくれ
冷え性改善の手助けとなります。
入浴は熱さを感じない程度の温度で行います。(40度以下)
こうすると、副交感神経が活性化して免疫が高まります。
これより高い温度だと交感神経が活性化して眠りが浅くなってしまい
寝ても疲れが取れないこともあります。
20~30分ほど入浴したら、汗をかいた分の水分を補給し、
冷やさないように靴下、腹巻き、ズボン下などで下半身の保温を心がけてください。

入浴時のポイント
  • ●ぬるめのお湯にする

  • ●胸から下までお湯に浸ける

  • ●汗をかいた分の水分はきちんと補給する

  • ●入浴後は下半身を暖かく保温(靴下、腹巻き、ズボン下)
足湯
くるぶしより上、できればふくらはぎの途中までお湯の中に入るほどの容器を用意し
温かく感じる程度のお湯(41度前後)を入れてください。
お湯が冷めたら「さし湯」をしながら温度を保ち、全身が汗ばんでくるまで行います。
病後の方やお年寄りの方の場合は回数や時間を短めにしてください。
足湯が終ったら入浴時と同じように汗をかいた分の
水分を補給し、靴下、腹巻き、ズボン下で
下半身の保温を心がけてください。
本やテレビを見ながらできるため、入浴に比べ時間を有効に使えますね。

足湯のポイント
  • ●気持ちのよい温度に保つ(41℃前後)。冷めてきたら「差し湯」をする

  • ●全体に汗ばんできたら終了

  • ●汗をかいた分の水分はきちんと補給する

  • ●足湯後は下半身を暖かく保温(靴下、腹巻き、ズボン下)
手湯
部分的に手が冷えるという方にはお湯で手を温める「手浴」がオススメです。
手浴も本人が温かく感じ程度の温度で15分行います。
お風呂で体を温めると、免疫力がUP!
風邪の引き始めには、お風呂に入りいつもよりしっかり温めよう!
免疫力が高まるので、早めに治る可能性があります。
店長あいさつ
自画像
数あるショップの中から
ちょっとHOTする
腹巻専門店 腹巻.net

ご来店頂きまして
誠に有難うございます。
少しでも快適に
お買い物ができるように
していきたいと
思っております。
皆様どうぞよろしく
お願申し上げます。

1周年
あいさつ文

お問い合わせ
Inquiry
●当店では「お買い求め頂いた商品を安心・安全にお届けする」ことを最も大切に考えております。
●高品質の商品を低価格でご提供することをモットーに運営させて頂いています。。
●お問い合わせフォーム、メールなどでお気軽にお問い合わせ下さい。
受付時間:
10:00~17:00(土日祝は除く)

E-mail:
support@moshimo.com
お問い合わせフォーム

カートに入れる

支払い方法
領収書について

お支払い方法により異なります。

詳しくは「支払い方法について」

配送
配送料について
配送料は一回のご注文につき、一律540円となっております。
ご注文合計金額が税込8,000円以上の場合および送料無料商品を含む場合は、送料無料でお届けいたします。
ただし、沖縄、離島など一部の地域は別途送料が必要となる場合があります。
その際は、ご注文確認画面に注意書きが表示されます。
※一部直送商品はご注文後にメールで連絡させていただく場合がございます。
>> 詳しくは「配送について」